Focus
HOME

MUSEUM

LIBRARY

STORE

SUPPORT

SUPPORT

下のボタンから任意の金額を選択して、たった数秒でこのサイトをサポートすることができます!
頂いたお金はサーバー代に当てさせていただきます。

小説の一文

  

きみが星空を見あげると、そのどれかひとつにぼくが住んでるから、そのどれかひとつでぼくが笑ってるから、きみには星という星が、ぜんぶ笑ってるみたいになるっていうこと。きみには、笑う星々をあげるんだ!

それは人類がはじめて月を歩いた夏だった。そのころ僕はまだひどく若かったが、未来というものが自分にあるとは思えなかった。

何百万年も前から、バラの花はとげをつけてきたんだ。
それなのに、何百万年も前から、ヒツジは花を食べてきた。

わたしは、意味のないことに自分の命をかけることができる。だから、わたしは、生きているのよ。

約束をして下さい。そうじゃなきゃ私は、怖くて怖くて、誰かを好きになることなんて、とてもできそうにありません。

生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ

ママがわたしを殺すとしたらどのような方法で殺すだろうか。

子どもたちだけが、なにをさがしているのか、わかってるんだね。

もし君がぼくと絆を結んだら、ぼくたちはお互いを必要とすることになる。
君は、ぼくにとって、世界でたった一人の友だちになるんだ。

雨は全てを洗い流してはくれない。

短歌

俳句

小説の一文

ドストエフスキー

ピーター・ドラッカー

時間

恋愛

自分尊敬語

かばん語

ダジャレ

倒語