Focus
HOME

MUSEUM

LIBRARY

STORE

SUPPORT

SUPPORT

下のボタンから任意の金額を選択して、たった数秒でこのサイトをサポートすることができます!
頂いたお金はサーバー代に当てさせていただきます。

ラリー・ペイジ

  

Googleではイノベーションとリスクを強く奨励している。でも、それはなかなか自然には起こらない。特に会社の中では。そこで従業員全員に20%の時間を与えている。その時間は何でも一番やりたいことを自由にやるのだ。その中からイノベーションが生まれている。GmailもGoogle Mapsもそうやって生まれた。

グーグルはまだ10歳だが、革新的であり続ける努力が必要だ。私は今こそ変革を行う。

世界を変える方法を一言で言うと?「うずうずするくらいエキサイティングなことに、常に必死に取り組むこと」です。

私は多くの会社の経営のやり方は深刻に間違っているのではないかと心配している。メディアの報道を読むと、Googleは、あるいはテクノロジー企業の多くはいつも互いに競争していることになっている。まるでスポーツの試合の記事のような報道の仕方だ。しかし競争のみから何か本当に優れたものが出てきたためしはほどんどない。毎日会社に来てやることといえば、自分とほぼ同じようなことをしている同業のライバルの頭をどうやったら思い切りひっぱたけるかなどと考えるだけの仕事のどこが面白いのだろう? そんことをしているからほとんどの会社は次第に衰退していくことになるのだ。つまらない改良をいくつか加えているとはいっても、毎日基本的に同じことを繰り返しているだけだ。よく知ったことだけやっていれば失敗しないと思うのは人情だが、逐次的な改良を繰り返していればいつか必ず時代遅れになる。特にテクノロジーの世界では非逐次的な、劇的なイノベーションがよく起こるのだからなおさらだ。

ミスを犯してくれて大変嬉しい。「あまりに慎重でほとんど何もしない」のではなく「迅速に動き、たくさんのことをする」会社を私は経営したい。もしこうしたミスをまったく犯さないとすれば、私たちは十分なリスクを取っていないことになる

いつも驚くのだが、テクノロジーについて知れば知るほど、まだまだ知らないことがあると気づく。

我々が求められているのは、素晴らしいプロダクトを作ること、そして長期にわたりそれを行なうこと。ユーザーが検索するかもしれないワードを我々は理解しなかえればならない。そこで、『人』は検索される実に大きな対象だ。ユーザーの求める情報に見合ったものを提供するなら、そのモノを理解する、深く理解することは重要で、人はその1つのコンポネントだと思う。

私達は大事な役目を背負っており、インターネット、そして、その仕組みを改善しようと試みている。情報がどのように伝わっているのか、何に人々は集中するべきなのかを誰かに尋ねてもらいたい。今よりもコミュニケーションは改善されるはずだ。企業や政治家に訊いてもらいたい。人々が何に注目するべきなのかに関して、同じような問題を持っているだろう。

「我々幹部は毎日、数時間を共に過ごし、他の時間はそれぞれ自分のチームと仕事をする」という形にすれば、もっと仕事がスムーズに進むと考えました。

途方もない夢でも実現へと前進させることは、意外とたやすい。「そんな馬鹿なことはできない」と誰もが思うことならば、競争相手はほとんどいないからだ。

井深大

恋愛

孔子

プログラム

ジェフ・ベゾス

モチベーション

人間関係

俳句

小説の一文

短歌

擬態語

疑似語

かばん語

ややこしい

シーザー暗号

ダジャレ

同義語

混血語