Focus
HOME

MUSEUM

LIBRARY

STORE

SUPPORT

SUPPORT

下のボタンから任意の金額を選択して、たった数秒でこのサイトをサポートすることができます!
頂いたお金はサーバー代に当てさせていただきます。

クリエイティブ
ブログ

  

サーストンの3原則

サーストンの3原則

サーストンの3原則とは、アメリカのマジシャンであるハワード・サーストンの名前を冠した、マジックを演じるうえでやってはいけない3つのタブーのことである。ちなみにハワード・サーストン自身がこのようにまとめたわけではない。

1. マジックを演じる前に、現象を説明してはならない。
ー今から何が起こるかわかっているということは、オチがバレバレな漫才を見るようなもので面白さが半減してしまう。何が起こるかわからない状態から披露することで「意外性」を演出することができる。「意外性」はおもしろさの根源的な要素の1つである。

2. 同じマジックを2度繰り返してはならない。
ー観客がどのようなマジックをするか知っている状態だと、二度目はその現象を楽しむことよりも、ひたすらタネを見破るつもりで見るようになる。そのため、タネがバレてしまう可能性が高くなる。マジックはタネがわからないからこそ、それが魔法であるかのような印象を与えるが、タネがバレると一気に陳腐なもののように見えてしまう。

3. 種明かしをしてはならない。
マジックは魔法のように不思議な現象であるからこそおもしろい。種明かしをするということは、その魔法を自ら解いてしまうことを意味する。

賛否両論

賛否両論

賛否両論のあるデザインがやりたい。誰からも批判のこないお利口なデザインはテレビタレントのように面白みがない。欠点があるけどもエッジの効いたもの、多数には好かれないけど一部の人たちが熱狂するようなデザインが好き。僕がジャルジャルを尊敬しているのもこれが理由。エッジの効いたデザインは、見方を変えれば偏っていることであり、欠点があるものということになる。つまり、エッジの効いたデザインとは、欠点を残したデザインでもあるということ。何歳になってもずっと尖ったものだけを創り続けていきたい。

プレゼン

プレゼン

大学生の頃からずっとプレゼンをすることに違和感があった。なぜわざわざ説明しなければならないのかと思っていたし、実物を前に言葉で飾るのは野暮だとも思っていた。しかも、そもそもの話、自分が創ったものを他人に理解してもらいたいという欲求すら全くなかったので、プレゼンなんてものは面倒でしかなかった。
僕は当時から今と変わらず、かなり細部まで徹底的に創り込んでいたわけであるが、そのきめ細やかな部分の配慮に気づくものは誰もいなかった。見た目がシンプルな分、適当に仕上げただけにしか感じていない生徒や先生ばかりだった。
ちょうど、食戟のソーマで薙切薊が「食に疎い豚どもにいくら趣向を凝らした料理を出したところで何一つ気づかない。我々は真に食の理解を示している人にだけ料理するべきだ」みたいなことを言っていたが、この考えにはめちゃくちゃ共感した。まあ、僕の場合はデザインを極めることだけに興味があるので、他人からの評価なんてものはどうでもいいけども。

かわいいずかん

イラストレーター図鑑

いきもの

Pictstyle

名言

戯言

文学

雑学

SUPPORT
ワンコイン、数秒でこのサイトをサポートしませんか?
サポートする

臨床心理学

脳科学

生化学

免疫学

これからの時代

辞書

クリエイティブ
ブログ

プログラミング
ブログ